フードコーディネータースクール ラブニールのスクールの特徴

TOP > フードのプロを目指す > スクールの特徴
フードコーディネータースクールの特徴
フードコーディネーターとしてのテクニックや知識はもちろん、より幅広く「食のプロ」として活躍出来る人を育てます。

 

 

日本フードコーディネーター協会認定校なので、規定の単位を取得すれば、卒業と同時に「フードコーディネーター3級」の資格が取得できます。また「フードアナリスト4級」など計6つの資格取得が可能です。

 

 

テレビドラマや映画、雑誌の撮影などの現場研修があり、実習生として実際の撮影現場が体験できます。何回でも参加可能です。

 

 

それぞれ専門の講師や第一線で活躍中のフードコーディネーターの先生から指導を受けることができます。

 

 

デモンストレーション、料理制作、スタイリング、撮影まで一貫して授業の中で行います。また、一日の授業時間が長く、しっかり学習できます。
【 ベーシックコース 】
入学随時の6ヵ月間 /  第1・2・4土曜日 ( 10:30 〜 15:30 ) 18回
【 資格取得コース 】
入学随時の1年間 / 第1・2・4土曜日 ( 10:30〜15:30 ) 36回